蕎麦屋親爺68歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

福井県大野在来種と福島県会津在来種

一昨年から福島県会津在来種を、今年から福井県大野在来種をはやしの蕎麦に導入しました。

従来は、茨城県常陸秋そばを主力にして、蕎麦を打っていましたが、十周年を前にしてもっとバラエティに富んだそば作りをする為に、日本各地からの蕎麦を取り寄せる事にしました。

この後、鹿児島県、宮崎県、島根県、秋田県など順次提供して行きますが、取り敢えず福井県大野在来種をマスターしたいと思います。

福井県大野在来種と福島県会津在来種と比べてもその大きさの違いがわかると思います。

大野在来種は一回り粒が小さい。

水の要求基準が高い。福島県会津在来種と比較すると5%近く加水量が必要となる。

加水した時に出てくる匂いが違う。

まだまだわからない事が多いので、毎日が挑戦です(^з^)-☆

ここ暫くは、田舎そばは、常陸秋そば、セイロは大野在来種、生粉そばは、会津在来種で打ちます。


d0000607_17481937.jpg

左が、福島県会津在来種。右が、福井県大野在来種です。
by soba884 | 2010-12-17 17:28 | 蕎麦の話