蕎麦屋親爺68歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

福の神が次々来店

給料日前の日曜日、打てるだけの蕎麦を打ちました。
賄い分だけ残して全て売り切りました。

無謀とも思える仕込みでしたが、福の神が次々来店頂きました。

この人が来ると混む日と言う日が有ります。

そんな人が、来るは来るは!

元の同僚、休みの日に電話をかけてくる某社長、嫌われ者の親子連れ、大盛り倍盛りを食べるダイエット中のおじさんなどが来店頂きました。

忙しくて、お話も出来ませんでした。

有難いことです〜

機器の支払期日も来ているので大変助かりました。

身体がバラバラです〜が、水曜日から又、頑張ります!

一番のカンフル剤はお客様の来店です〜

そして、一番の福の神は、孫の来店!来た途端に店がいっぱいになって、遊べなかったが、顔を見れただけで元気が出て来た。
勝手口で話をしただけで、息子夫婦と孫は帰って行きました。
by soba884 | 2010-10-25 08:59 | 親爺話