蕎麦屋親爺68歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
合理化、節約を続けて来ましたが、継続して営業を続けて行くために四月十八日水曜日から、価格の変更を行います。
ご理解のほど宜しくお願いします。
# by soba884 | 2018-04-16 19:31 | お品書き
ホームページが場所を変えて、復活しました。

場所を移したばかりですので、残念ながらい現状では、検索サイトでは表示されません。

お手数をおかけしますが、webアドレスを直接入力してください。

ホームページの新しいサイトは、 http://soba884.sakura.ne.jp











よろしくお願いします。


# by soba884 | 2018-02-24 00:25 | リンク
blogは、soba884で検索



Twitter、Instagramは、sobayaoyazi で検索

暫くの間、人任せでホームページの更新をしたので、操作方法を忘れています。
年を取ると楽する事を、選択してしまいます。
3月末迄には、復活努力します。

ホームページが見れません!と苦情が届いています。
廃業の噂まで流れていますけど、誤報です。
70歳を過ぎても、健康な内は蕎麦屋を続けます。

定休日  月曜火曜  祝祭日にかかわらずお休みです。
昼の部  11:30~14:30
夜の部  17:30~20:00

# by soba884 | 2018-02-23 23:45 | 親爺話
プロフィールで70歳卒業を宣言してましたが、68歳に成った今、もう少し出来るのではないかと考える様に為りました。何処まで出来るとは言えませんが、体力と味覚感覚が大丈夫なうちは続けようと思います。
営業時間の短縮、定休日の変更等をしながら続けて行きたいと思います。
# by soba884 | 2018-01-30 20:41 | 親爺話
けんちん汁田舎そば始めます

10月4日水曜日から、季節限定の「けんちん汁田舎そば」を始めます。

当日は、お客様感謝祭で、蕎麦掻き善哉サービスします。

# by soba884 | 2017-10-03 11:52 | お品書き
九月十八日月曜から二十日水曜迄、遅い夏休みを頂きました。

蕎麦の研修と心身リフレッシュの旅行をして来ました。

三瓶山、出雲、松江、美保関、鬼太郎ロード、皆生温泉、足立美術館、蒜山高原を廻って来ました。

d0000607_23592247.jpg

台風通過の直後でしたので、予定していたコースを変更して、安全第一で行動して来ました。

d0000607_00120995.jpg
続きは、後日です。

明日から、又、そば打ち頑張ります。

# by soba884 | 2017-09-20 22:02 | 蕎麦の話
今期の鱧そばと水茄子そばは、八月二十日で終わりました

今年の新蕎麦は、本州産は十一月からになると思います。早出しの北海道東北産のそばは、試験的に使いながら提供して行きます。
第一段の北海道美瑛の新蕎麦が入りましたので、明日から一部提供して行きます。
# by soba884 | 2017-08-24 17:52 | 蕎麦の話
夏の定番そば、涼味そばをそろそろ終わりにします。
朝晩の、温度が下がると注文が無くなります。特製出汁の品質管理が難しくなりますので、まもなく終わります。
茗荷そば、揚げと梅、いろどり涼味そばは、終わりました。


# by soba884 | 2017-08-24 17:52 | お品書き
遅い夏休みを頂きます。

お盆休みを取りませんでしたので、九月十八日月曜日、十九日火曜日の定休日に、二十日水曜日もお休みを頂きます。

九月十八日〜二十日三連休です

三瓶、出雲に行って来ます。
# by soba884 | 2017-08-24 17:33 | 蕎麦の話
はやしの定休日は、月曜火曜です。

祝祭日にかかわらずお休みです。盆休みも変わりません。

二十日日曜日迄、昼の部の予約は出来ません。
夜の部は、予約を受け付けます。
# by soba884 | 2017-08-10 17:48

鱧そば始めました!

トマト蕎麦が全て終わりました。

お約束通り、鱧そばを始めました。肉厚の鱧を粗挽きの蕎麦粉を一つ一つの切り口にまぶし、米油でソティーしたものを蕎麦の上に乗せました。冷たいものは、辛味大根。温かいものは、酢橘で頂きます

# by soba884 | 2017-07-18 22:23 | お品書き

鱧そば始めました!

トマト蕎麦が全て終わりました。

お約束通り、鱧そばを始めました。肉厚の鱧を粗挽きの蕎麦粉を一つ一つの切り口にまぶし、米油でソティーしたものを蕎麦の上に乗せました。冷たいものは、辛味大根。温かいものは、酢橘で頂きます

# by soba884 | 2017-07-18 22:23 | お品書き