蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

101歳の叔母のお見舞い

京都岩倉の施設に入居している101歳の叔母のお見舞いに行って来ました。


d0000607_21165456.jpg



歳が歳ですので、少し呆けては来ましたが、すこぶる元気なので安心しました。

近頃食べる量が減って来ていると聞きました。
by soba884 | 2015-09-14 21:01 | 親爺話 | Comments(0)

一月三日の二条城

例年は、車で京都に行くのですが、今朝方の写真を見ていると、万が一を避ける為に、久し振りに電車で京都に向かいました。


d0000607_17481327.jpg


家族会の前に、少し時間が有ったので、私は35年振りに、二条城に入りました。現在工事中で正面からでなく、北側の門から入りました。

d0000607_17481416.jpg


雪が積もっている二条城は、初めてで、何もかもが新鮮で目新しいものをみるように、あっちキョロころ、こっちキョロころしていて、足元忘れてもう少しで雪解け水の中に足を入れそうになる。
d0000607_1755842.jpg

半分以上の拝観者は、外国からの観光客で、改めて外人率の高い京都。
日本人は、少数派でした。
d0000607_1755955.jpg


d0000607_17551071.jpg


二条城を十分堪能して、

二条城を後に、家族会の会場に
向かいました。

デザートの杏仁豆腐の美味しいものに、久し振りに当たりました。
d0000607_17551134.jpg

by soba884 | 2015-01-03 17:30 | 親爺話 | Comments(0)
予定より再開が遅れている、
京都北山の「じん六」さんが五月十五日から復活します。

マンション建設で、二月末から一旦お休みされていた「じん六」さんが、昼間だけ割烹の店舗を借りて、復活されます。

場所は、今までの店舗から北に上がった、京都市北区上賀茂土門町44-3
"むら上"と言う割烹の昼間だけ借りての仮営業で復活されます。
電話は今までと同じ 075-711-6494 携帯電話に転送で対応となります。

元の場所に戻られるまでの仮店舗ですから、行って置かないと、折角の機会を逃すことになります。

お知らせでした!
by soba884 | 2014-05-09 14:10 | 親爺話 | Comments(0)

噂話は、恐い!

京都の「じん六」さん、二月末廃業の噂話が流れて来た。

誰かがブログに書いていた。

きちっと、本人から聞いた話でなく、恐らくじん六さんの土地に建つマンション計画の申請書類を見た人が、早とちりをしたんだと思う。

今日、じん六さん本人と電話確認を取りました。

店舗の有る土地に、マンションが建つ事に成り、完成後、一階店舗に入る。

しかし、これだと、一年間の休業を強いられるので、近くに移転先を探している。見つかったら、来月にでも再開すると言っていました。

廃業でなく、休業です。

噂話は、恐い!
by soba884 | 2014-03-05 17:23 | 親爺話 | Comments(0)

京都「さくら屋」

d0000607_22505030.jpg


京都での昼食は、懇意にしている町場のそばうどん店の「さくら屋」です。

北山大宮通り下ルに有る典型的な町場のそばうどん店ですが、大変な人気店です。

近くには同業者が点在してますが、一番の繁盛店です。

機械打ちの蕎麦ですが、国内産蕎麦を自家製粉して出しています。

良い蕎麦を求めて遠方迄出掛けられています。

ホッとするお店です。
by soba884 | 2013-08-19 22:18 | 親爺話 | Comments(0)

実家の樹木の伐採

実家は、私より二つ年上の兄が一人で住んでいるのですが、歳をとってからは、何もしなく成りました。

d0000607_17573528.jpg


庭木も伸び放題で、お隣からも苦情が出ていました。
兄には、ご近所の迷惑になっているので切るように、何回も言ったのですが、やらないので、還暦を超えた兄嫁さんと我々夫婦の老人組が、庭木を伐採してきました。中途半端に残しても、次にやる事の出来ない歳になるので、大きくなる木は根元から伐採する事に決めて、高枝切りで、上の枝を落としてから、伐採してきました。1M単位で切りましたが、根元の木は一人で運ぶには重い程の重さに成っていました。伐採は、電動チェンソー、高枝切り、枝切り鋸で実施。

丸太程の木は、車に積んで持ち帰り、蒔きストーブの有るお客様に引き取って貰う予定です。


d0000607_17573717.jpg


木を切り倒したら、向かいの叔父さんが、雀が喜んでたむろしていた場所が無くなったと言って残念がっていました。


d0000607_17573854.jpg


終ってから、近くの温泉施設に行って、疲れを癒しました。
ご褒美に、珈琲飲んで一息着いてから、前日に開通した、京都縦貫道を通って奈良に帰りました。
縦貫道が出来て、市内を通らないで、京都の実家迄一時間で行けるように成り、便利に成りました。
by soba884 | 2013-04-23 17:31 | 親爺話 | Comments(0)

京菓子を頂きました!

折角京都に行ったので、お土産に桜シリーズの和菓子をもとめてきました。

d0000607_20101436.jpg








d0000607_20101773.jpg



帰って至福の時を過ごしました。



d0000607_20531273.jpg

by soba884 | 2012-04-11 18:31 | 親爺話 | Comments(0)

東福寺光明院玄関前

d0000607_743555.jpg



京都東山の東福寺光明院玄関前で撮影。

ご住職は、私よりひと回り上の72歳。

23歳からのお付き合い。

山門を入った空間が好きです。月並みですが、ほっとします。


石臼碾 自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8−6−6
0745−54−6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
http://twitter.jp/sobayaoyazi
by soba884 | 2010-08-05 07:43 | 親爺話 | Comments(0)

京都ブランド?

d0000607_22163917.jpg



日本だけでなく、世界に通ずるブランドがあります。

KYOTO、京都ブランドです!

このブランドが欲しいために、京都出身で無い企業の仮装京都が、静かに進んでいます。

奈良県から京都府に本拠地を動かしたラーメン店。東京進出には、京都ブランドが欲しかった。創成期から愛用していただけに、残念です。

大阪の老舗の菓子屋さんが、全国展開するために、京都に作った新しい菓子屋さん。

京都に縁もゆかりも無い方が、企業化するために、京都に工場を作り、全国ブランドの豆腐屋さんになりました。

京都生まれの京都育ちの私には、馴染めない物が有ります。しかし、新しい血も必要だとは考えています。


石臼碾 自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8−6−6
0745−54−6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
http://twitter.jp/sobayaoyazi
by soba884 | 2010-06-15 22:16 | 親爺話 | Comments(0)
d0000607_0502630.jpg



まだまだ春に遠い雨の京都を、あちこちと行って来ました。

本物の西洋絵画に圧倒されて来ました。

その後、孫と話しが出来て幸せな定休日でした。

火曜日は、一日中雨でした。

空いている第二京阪を通って帰って来ました。3月21日以降は、全線開通で混
雑して来ますが、自宅から高速道路を通って京都に行けます。

石臼碾 自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8−6−6
0745−54−6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp

 
by soba884 | 2010-03-10 00:50 | 親爺話 | Comments(0)