蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
年越しそばは、外1.5のセイロそばのみですが、小麦粉アレルギーのお客様の為に、僅かですが、生粉そばを打ちます。
ご希望の方は、事前にご連絡下さい。取置きはします。

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884

# by soba884 | 2016-12-17 17:23 | 蕎麦の話 | Comments(0)
来年の仕事始めは、一月六日金曜日からです。
営業時間は、平常通りです。
昼の部 11:30〜14:30
夜の部 17:30〜20:00

蕎麦掻き善哉サービスします。

七日土曜日は、黒米七日草粥をサービスします。

# by soba884 | 2016-12-16 17:18 | 蕎麦の話 | Comments(0)
本当は、営業しないと駄目だと言う事は、分かっていますが、親爺66歳の体力を冷静に見つめると、無理が有りますので、三十日は、仕込に専念させて頂きます。
普段のお見えにならないお客様からは、お叱りを受けます。
しかし、三十一日を最高の笑顔で迎えたいのです。
我儘言いますが、宜しくお願い申し上げます。
その内、年越し蕎麦を昼しかしない日も遠く無いと思います。

# by soba884 | 2016-12-14 19:38 | 親爺話 | Comments(0)

年越しそばの案内

12月30日 臨時休業(仕込に専念します)

12月31日 昼の部 11:30〜14:00
夜の部 17:30〜21:00
予約は有りません。
特別メニューになります。
21:00迄に来店頂いたお客様の蕎麦は、確保します。電話での取置きは出来ません。
夜の部は、臨時駐車場を用意します。

# by soba884 | 2016-12-14 19:25 | 蕎麦の話 | Comments(0)

牡蠣そば始まります!

今年も、牡蠣そば始めます。
温かいそばと、冷たいそばが選べます。
1325円です。
# by soba884 | 2016-11-02 10:11 | お品書き | Comments(0)
随分と時間の経った話です。
本日は、定休日で、久し振りに仕込みと買い物から解放されて大阪に出掛けました。

先日、安堵町のhsで見せて貰った作家の展示会が大阪新町店で開催されると言うので、行こうと計画を立ていました。
展示会初日から大勢の人が訪れて買った行かれたという事で、本日の前日迄展示会に出品されていた作品が大物の皿と壺を残して、売切れ。

売切れを知っていましたが、新町のお店を見たくて、行く事にしました。

その前に食事という事で、心斎橋の中華店に立ち寄りました。
d0000607_17595458.jpg

d0000607_17595488.jpg

d0000607_17595555.jpg


お腹ぱんぱんになって、新町なら歩いて行こうという事で、歩き始めました。
随分歩いた所で、新町二丁目に着いたよ。と娘が言うので、ここじゃ無い、四丁目だょと、言うと。それなら、電車に乗ったと言われてしまった。
一里歩きました。

H.Sさんは意外な場所に有りました。
お目当の作家さんの品物は壺と大皿しか有りませんでしたが、目利きの為せる展示の数々に圧倒されながら、空間を楽しみました。ご主人の風貌も、空間に真ッちしてました。

ギャラリー出た後は、地下鉄に乗って、大阪市立歴史博物館に、真田幸村展を見に行きました。少しは、幸村に詳しくなりました。しかし、歩き疲れたので、長く見てられなくて、私は先に出て、一階ロビーで休んでいました。

本当は、この後、空堀商店街に行きたかったが、諦めて帰宅。
久し振りの家族とのお出掛けは楽しかった。




# by soba884 | 2016-09-26 18:52 | 親爺話 | Comments(0)

今年も新米頂きました

女将の実家は、茨城県の専業農家

今年も、兄さんから新米が届きました。

店の前の精米所で、精米して頂きました。
d0000607_10571641.jpg

今年は特に苦労したと思います。

雨続きの中で、刈入れには大変だったと思います。

幸せを感じて、美味しく頂きました。
# by soba884 | 2016-09-13 10:51 | Comments(0)

関東遠征1300km(5)松本の1

軽井沢を後に、久し振りに長野に向かって下道を走りました。
昔は、軽井沢で物が要る時は、御代田のお店に発注してました。修理業者も来ていたと思います。
国道沿いは、閑散としていた。

国道を走りながら、何処から高速に乗ったら良いのか?車を停めてナビを設定したいが、道路際に駐車スペースが無い。店舗駐車場に入れないと止められない。

不便です。

小諸手前から高速道路に乗って、一路松本へ。

松本市内は、何度も来た道で、初めての宿泊先へもスムーズに行くことが出来ました。
明日の朝一番で恩人の墓参りに行くので、花を買いに松本市内に歩いて出掛けたのですが、花屋を見つけるのに手こずりました。

夕飯を兼ねて入った居酒屋はハズレでした。

続く。
# by soba884 | 2016-09-10 13:37 | 親爺話 | Comments(0)
今回遠征の目的の一つ、赤城深山ファームからの仕入れの約束を取り付けたので、二日目はのんびりとリクレーションという事で、たまたま娘も休みだというので、一緒に軽井沢に行く事にしました。

高速でなく、地道を通って行きましたが、高速が出来た結果として、ロードサイドのドライブインや飲食店が閉鎖されて、少なくなっていました。繁栄の時代を知っているものからすると、寂しいものが有ります。時代には逆らえない事実。蕎麦屋も不滅では無い。

蕎麦屋になる前の会社で、新入社員の時から10年間会社が持っている軽井沢寮の管理をしていました。六月末に開設に行き、九月半ばに閉鎖。ですから、混雑した軽井沢と言うものを知りませんでした。
大阪に転勤になって、寮も移転し、その内、売却されて閉まった。

軽井沢に行ったら、私が管理していた場所がどうなっているか確認したかった。屋根に登って落葉が詰まった樋を掃除したり、庭の枯れた枝を切ったりしました。
のんびりとした良い時代で、寮の仕入れの支払いも秋に閉める時に一括して支払い。
そんな、食品店も無くなっていました。

寮は、軽井沢駅から旧軽に向かう道沿いに有りました。今、考えるととても贅沢な場所にあったものです。
寮があった場所には、取引先企業の管理地と言う看板が立っていた。大リストラと資産売却の残照を見て、感慨深いものが有りました。

10年間も通ったので、古いところなら分かるので、旧軽の中をドライブしながら、女将と娘に案内をしました。

旧三笠ホテルを見学
d0000607_11271286.jpg

d0000607_11271288.jpg

d0000607_11271249.jpg

建築士の端くれの娘は、一生懸命見てました。

ここでも、多くの中国人を見かけました。この後、ロータリーに戻って食事をしたのですが、ロータリー付近は私に言わせると季節外れ時期に、人混みが有りました。昔なら考えられないことです。

外部からの人が多いので、食事も普通の値段になっていました。40年前は、コーヒー一杯で、千円取られました。

d0000607_13191610.jpg

d0000607_13191623.jpg

有名なベェカリーショップでランチ
三人で飲み物も付いて五千円でお釣りがきました。我々が入った本店より、後で通った中軽井沢店の方が混雑していた。
このお店、軽井沢で有名になって、銀座に進出したと娘に説明を受けた。お店の名前は忘れました。

その後。わたしの強い希望で、中軽井沢の石の教会、森の教会を見に行きました。
d0000607_13564291.jpg


石の教会は、結婚式の最中ということで、1時間程待ちました。写真不可ということで、中の写真はありませんが、噂通りの価値が有りました。
d0000607_13564367.jpg

森の教会は、丁度式が終わって新郎新婦が出てこられるところでした。
d0000607_13564450.jpg


万平ホテルへ
d0000607_13564529.jpg


軽井沢最後として、若い時には行けなかった万平ホテルに、お茶しに行きました。
すっかり大衆化して、多勢の入店待ちの列。我々も30分以上待ちました。
d0000607_13564549.jpg

待ち時間を利用してホテルの中の見学。
一見の価値あり。
d0000607_09383736.jpg

d0000607_09383713.jpg

d0000607_09383827.jpg

d0000607_09383933.jpg

町の喫茶店よりは少し高いお金で、気持ち良いティータイムを過ごせました。

高崎に戻る娘を軽井沢駅まで送り、我々は小諸まで国道を走って、高速道路で松本に向かいました。

お墓まいりをする為に。




# by soba884 | 2016-09-10 12:49 | 親爺話 | Comments(0)
臨済宗総本山東福寺の晋山式列席する為に、、10月12日水曜日はお休みさせて頂きます。

度々のお休みで、お客様にはご迷惑をおかけします。

今回の列席は、生涯最後となりますので、どうしても列席したいので、お休みさせて頂きます。
前々回の福島さんの時は、新しい職場に移ったばかりで、休めなくて断念しました。

息子夫婦と一緒に列席します。

新しい管長さんは、息子が高校生の時、僧堂でお世話になった兄弟子さんで、僧籍を選択しなかった息子を今も可愛がってくれています。


# by soba884 | 2016-09-08 11:48 | Comments(0)
九日金曜と十日土曜をお休みします

11日日曜日は、営業します。

九日十日不在の為、11日の予約は受けられません。
# by soba884 | 2016-09-07 15:02 | Comments(0)
八月が終わりになると、お客様から「涼味そばは、何時まで有るのか?」と質問を受けます。

親爺の答えは、
朝の最低気温が、20°Cを割ると注文が無くなるので、20°Cを割る日が続いた日をもって、終わりにします。

宜しくお願いします。
# by soba884 | 2016-08-30 17:42 | お品書き | Comments(0)