蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー

<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

11月2日月曜、3日火曜は定休日です。

普段3日に実施しているお客様感謝祭は、11月4日水曜日に行います。

蕎麦掻き善哉をサービスします。

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6 0745-54-6884
by soba884 | 2015-10-30 17:25 | 蕎麦の話 | Comments(0)
感違いをしており、当初の記述を訂正します。ごめんなさい。

本日、日本シリーズがソフトバンクの4勝1敗で、プロ野球日本一に決まりました。
10月21日から25日までの
クイズ応募者130名

その中で、ソフトバンクの4勝2敗のクイズ正解者は、39人

後日、お客様立会いの元、厳正なる抽選をして、お約束の10人の方に3000円の食事券を、送ります。

クイズ正解者でありながら、抽選に外れた29人のお客様には、残念賞として500円の食事券をお送りします。

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884


正解者 39人
外れ 91人
応募者130
by soba884 | 2015-10-29 23:32 | 親爺話 | Comments(0)
一昨日、正倉院展に夕刻行って来ました。

何故夕刻からかと言うと、並びたくない。中に入ってから、見る為に並ぶのは致し方無いが、表で長い列に並びたくない。

夕刻に行くのなら、夕方から営業している「ビストロ中華へいぞう」さんで夕飯して、帰って来ようと言うことになり、行って来ました。

食べ物の写真は、他の方の写真がいっぱい上がっているので、参考にして下さい。

お勧めです。

予約して行って下さい。

ビストロ中華 へいぞう

奈良女の門前です。

0742-23-6333


奈良県奈良市花芝町6 プラザ花芝1F
http://tabelog.com/nara/A2901/A290101/29006298/


by soba884 | 2015-10-28 13:38 | 親爺話 | Comments(0)
東京最終日の報告が遅れています。

ごめんなさい

楽しい楽しい最終日でした。

書かれていない珍道中も有りました。

歳を取ると若い時と違って、次の行動に移るのに、時間と言う間が必要と成ります。

今回の旅でそれを痛切に感じました。

旅から帰って、学んだ事を早速取り入れて、オペレーションの変更もして、新しい形を作って行きたいと思っています。

一気に変える事はありませんが、明日より明後日の方が良くなっていると実感して貰えるように、改良改善をしていきます。

変わった事に、気が付かれたお客様もいらっしゃいます。
by soba884 | 2015-10-20 23:48 | 蕎麦の話 | Comments(0)
プロ野球日本一シリーズの対戦相手が決まりましたので、10月21日水曜から10月25日日曜まで、「平成27年プロ野球日本一クイズ」を実施します。

優勝チームと勝敗数を当てて下さい。

例 ソフトバンク 4勝3敗
ヤクルト 4勝1敗

正解者の中から、10名様に「手打そば はやし」の食事券3000円を進呈します。
by soba884 | 2015-10-20 13:06 | 蕎麦の話 | Comments(0)

玄蕎麦磨き

d0000607_10080463.jpg

玄蕎麦にくっついている汚れ、泥、不純物を、擦り合わせることで、落とします。
お米の循環式精米機を利用します。蕎麦は柔らかいので、詰め込んですると実が割れるので、循環するのに必要な量だけ入れて、回します。一回20分の工程です。
by soba884 | 2015-10-19 10:03 | Comments(0)
東京最終日は、狛江と築地に立寄ってから、羽田から大阪、奈良へと帰ります。

前日、伊勢丹で買ってホテルの部屋で食べたケーキ美味しかった。お腹もすかないので、ゆっくり朝寝してから、歌舞伎町のHotelを後にしました。
出発前に、記念撮影です(笑)
d0000607_00073263.jpg



新宿駅でモーニングを済ませ、京王百貨店小田急百貨店を冷やかして、お昼に間に合う様に、狛江に向かいました。


前回の訪問は、車のナビ任せで到着したお店を、駅から徒歩で行くのは、初めての店に行くのと同じ。スマホのナビ任せでひたすら歩く。決して広く無い道を前回はよく来た物だと感心しながら歩きました。狭いところは、車がすれ違うのに徐行必要。

d0000607_00073260.jpg

入る前に、タヌキにご挨拶。

「志美津や」さんに、開店より少し経って入店。もたもたしていて、開店同時は叶わなかった(笑)

しかし、平日の昼間にもかかわらず、あらかたの席は埋まっていました。そして、お酒が出ていました。

お酒に弱い親爺は、その後の行動を考えて、お酒を諦めて蕎麦の注文を出しました。
d0000607_00073328.jpg

女将が頼んだ蕎麦 ボリュームが凄い。天婦羅の幾つかを横取り。

親爺が頼んだ蕎麦 二段重ねの蕎麦
d0000607_00411395.jpg

d0000607_00411462.jpg


そして志美津や名物「漬物盛合せ」
d0000607_00411447.jpg

どうも、大盛りサイズ?漬物好き夫婦は綺麗に平らげました。

デザートもお土産も頂いて駅に向かって歩き始めたら、ご主人が車で送ると行って追い掛けて来られた。

辞退したら、内は蕎麦屋の女将で無くて、産まれた時から蕎麦屋の娘だから大丈夫と言って送って貰いました。
手数の掛かるお客ですみませんでした。

狛江から今回の旅の最終目的地、井上さんに会いに築地へ向かいました。

小田急も高架になり、昔の風情は無くなりましたが、地下鉄に相互乗り入れしているので、乗り換えなしで都心に向かいましたが、地図を見ないでナビを信じたために、目的地の対岸の駅迄行ってしまった。

d0000607_01032214.jpg

続きます。
by soba884 | 2015-10-17 23:34 | Comments(0)
遅い夏休みを、九月二十八日から三十日迄の三日間頂き、女将と東京の蕎麦屋巡りをして来ました。

東京を久し振りにあちこち行って、面食らいながら歩いて来ました。

東京に行くのに、人生初の飛行機。

予約も手配も全てタブレット

お金の支払いも、コンビニ。

搭乗手続きも、切符のかわり、パソコンから打ち出した日程表
記載されているバーコードを読み取りにかざして終わり。
手荷物検査を受ける前に、バーコードを読み取り機にかざすと、座席表が出て来る。
65歳を過ぎた古い人間には戸惑うばかりです。

初日は、羽田空港から京浜急行電鉄の大森海岸駅、スマホ片手に知らない街を必死に歩いて到着しました。

d0000607_19214245.jpg



そ 万蔵
カウンターだけのお店、ご主人お一人で全てをやっている。カウンターが
一杯になると、後から来たお客様には、三十分以上待つことになりますがと断りを入れている。
平日の昼時なので、殆どのお客様は諦めてお帰り。
こんな事で、商売になるのか心配する。


お店は、設計者の思い入れを感じる作り。カウンター席も使い易く、足が自由に動かせる。使い易く窮屈さを感じさせ無いお店は、心もゆったりさせてくれる。蕎麦は、お喋り過ぎて、写真を撮っていませんでした。
合汁そば、辛汁と胡麻汁、一人前200g、それに、分けて貰った掛けそば、蕎麦豆腐、蕎麦味噌

一杯食べました。次も有るのを忘れて食べました。
どうしても、記念写真を撮りたいと言うご主人の想いに負けて、お客様に写真を撮って貰いました。

d0000607_19214282.jpg


二軒目は、多摩ニュータウンの唐木田駅、記念撮影分の遅れを取り戻す為に、必死に駅まで歩いて、南武線に乗って乗り換えて、駅前にある閉店間近のお店に到着。ちゃんと遅れる旨の連絡は途中から入れました。

唐木田駅 蕎千花

042-313-7652
東京都多摩市唐木田1-53-15
http://tabelog.com/tokyo/A1327/A132702/13130259/



マラソンの練習し過ぎて脚を痛めたご主人、想像通りの真面目な青年。

蕎麦も人柄を表す真面目な蕎麦
女将の鴨汁せいろも特別に2種類の蕎麦を出してくれました。
d0000607_19214304.jpg


私が頂いたのは、その日の蕎麦から選べる選べる2色そば
d0000607_19214336.jpg



65歳を越えた夫婦にはきつい量になりました。
12時から3時間で、当店の実質4食分
きつい。



この後、もう一軒拝島のみのりさんに立ち寄ります。

拝島に行くのに、たまプラーザで多摩モノレールに乗り換えするのですが、ここで、休憩する事にしました。

プラーザのメイン通路の腰掛に座って、通り行く人を最初は観察してました。

その後、スターバックスに入ってコーヒーを飲んだのですが、朝も早かったし、お腹も満腹で、席で寝てしまいました。30分程寝ていたと思います。

建物を出たら、通路の奥に華やかな建物が見えたので確認したらキティランド。

見無いよねと女将に確認したら頷いたので、多摩モノレールに乗って立川駅に向かいました。
帰ってから娘に話をすると、東南アジアの国々の女の子は、飛行機に乗ってキティランドに来るために来日するのだと言われた。後の祭りです。


立川駅がすっかり変わっていて、驚きと戸惑いでキョロキョロしながら、乗る電車を確認して、拝島駅に向かいました。

立川駅周辺は、すっかり大都会になっていた。

ホームに入ると人を溢れていた。これもビックリ。
昔の勘を取り戻して、拝島駅行きの電車乗る。

拝島駅から「みのり」さんへは、iPhoneの地図頼りに歩いて行きました。

d0000607_22351057.jpg

夜の部の早い時間でしたから、
我々が最初のお客様でした。
夜でしたので、だし巻き卵と煮穴子をあてに、まずお酒を頂きました。


d0000607_22351041.jpg

きのこのゴマ汁そば
d0000607_22351102.jpg


舞茸のペペロンチーノ汁そばを頂きましたが、もともと少食の女将が蕎麦を全部食べきる事が出来なくて、ギブアップ。みのりさんに大変失礼な事をしていまいました。カバーすべき親爺も自分の分だけで精一杯でした。
d0000607_22351103.jpg

d0000607_22351173.jpg

次回は、お腹を空かせてみのりさん再挑戦です。





拝島駅に戻ると、東京駅行きの電車を待っていると、拝島駅に乗り入れている西武鉄道が入って来てビックリ。凄く長い電車が入って来る。私の記憶にある電車は、短かかった。

宿泊は、ゴジラのある新宿歌舞伎町のホテル
d0000607_22351121.jpg

娘には治安の悪い場所に泊まるとは何事だと叱られました。

しかし、静かな良いホテルでした。二泊しました。
by soba884 | 2015-10-16 23:52 | 親爺話 | Comments(0)
巣鴨の菊谷さんが、二号店を出される話を、帰ってから知りました。

あれだけ流行っていたら可能。羨ましい。

菊谷さんを後に、商店街をぶらぶらしながら参拝を済ませ。環状線の駅迄歩き、女将に出逢った頃の想い出の場所を散歩しに移動。

変わってい無い場所とすっかり変わってわから無い場所。あっちキョロキョロしながらホテルに戻って昼寝しました。

昼寝後、新宿の街を確認しながら歩き、記憶の勘違いを修整しながら、アジア系の人の多さに改めて納得しながら散策しました。

d0000607_00291412.jpg



伊勢丹本店なんて何年ぶりだろう、値段にビックリしながら歩いていたら、両手いっぱいに買い物袋をぶら下げた若いアジア人カップルとすれ違い、今の日本の置かれた状況を確認しました。我々は、ホテルの部屋で食べるケーキを地下の食品売り場で探し求めた。
d0000607_00291417.jpg


夕飯後、ホテルに戻って頂きました。

夕飯は、蕎麦以外と言う女将の要望を入れて、トンカツ。

最終日は、狛江市の蕎麦屋さんと築地蕎麦アカデミーの井上さんに会いに行きました。


d0000607_00291402.jpg



女将と尋ねたところ
by soba884 | 2015-10-14 00:08 | 親爺話 | Comments(0)

イクラそば始めます!

季節のそば
「イクラそば1490円」を、10月14日水曜から始めます。
by soba884 | 2015-10-13 18:12 | お品書き | Comments(0)