蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

トマト涼味そばは、在庫限りで終わりとなります。手持ち在庫から木曜最終予定です。
トマト田舎蕎麦は、今週一杯で終了予定。
by soba884 | 2015-06-29 12:47 | Comments(0)
高崎の「大野」さんにお願いして案内して頂いた前橋市「浅川」に行ってから、8年も経ったのかと、考え深いものが有ります。
茨城以外全く土地勘のない場所に、ナビ任せで夜遅く行きました。途中から、ナビ通りに走っていたら、幹線国道を外れて人家もまばらな道を走っている時の不安な気持ちは、今でも鮮明に覚えています。
幹線国道走っていた時には、幾らでも有った飲酒店も無い。
お腹減ったねと話していたら、目に入った豚カツ屋さん、迷わず入りました。
お腹も膨れて再度走り出したら、高速に乗るように指示が有りました。高速に乗った途端に降り出した大雨。前も見えない状態で、不安を抱えながら走って、無事宿泊場所の高崎に着く事が出来ました。
高崎のビジネスホテルは、快適でした。
翌日、真っ直ぐ大野さんのところに行けば良いのに、高崎観音を見に行って、大野さんに行こうとしたら、ナビがとんでもないところに案内して、迷子になりました。漸く辿りつきましたが、遅刻。

お店の休日にもかかわらず、店内を案内して頂いた後、前橋の浅川さんに向かいました。高崎と前橋の境がなく大きな街で何故合併しないのか?歴史を聞いて納得。

浅川さんは、事前にイメージしていた店とは違いました。オープンな明るい新しいタイプのお店でした。

印象に残った蕎麦は、常陸秋そばで作った「満天の星」でした。あれから8年、浅川さんは、どの様に進化しているのだろう。

浅川さんコーディネートの赤城山の蕎麦が楽しみです。
by soba884 | 2015-06-29 11:47 | 蕎麦の話 | Comments(0)
茨城県から取り寄せているフルーツトマト、六月二十五日が、最終入荷決定。例年より早く終わりになります。

指定しているサイズが取れなかった時は、
「冷掛けトマト田舎そば」は、在庫終了まで。
「丸ごとトマト鴨つけそば」は、二十五日入荷分が終わり次第、今季のトマト蕎麦を終わりにします。
d0000607_22421584.jpg


路地のトマトを使ったメニューを新しく考えています。しかし、何時になるかは、不明です。

トマト蕎麦が終わったら、茗荷そば、もずくそば始めます。

鱧そば始めてます。
by soba884 | 2015-06-23 11:43 | お品書き | Comments(0)

半夏生 夏ですね

d0000607_08363747.jpg
棚も夏ですね〜
d0000607_08363810.jpg

d0000607_08363852.jpg

梅雨空の中、菖蒲の花も終わり、半夏生が咲き始める。
鱧蕎麦も始めました。
定休日の祝祭日昼の営業をやめます。
事情を知ら無いお客様からは、優雅ですなぁ、儲かっている店は違うと言われますが、本当の休みは、月に一回ぐらいで、後は、店の中で働いています。
by soba884 | 2015-06-17 08:26 | Comments(0)
奈良の大宇陀から消えた美味しい「パン工房 のら」が、三田市に移転して復活いるのは知っていたが、奈良からは遠いので、なかなか行く機会が無かった。

本日、思い切って行って来ました。

ナビに住所を入れると約二時間?
三田市て、そんなに遠くないのに?


走ってみて、納得。


高速のインターを次々と通過、なんと丹波篠山口IC。


降りて走り出すと、丹波篠山城址の行き先案内が道に出て来る。


暫く走ると、永沢寺菖蒲園の案内がある。

パン工房「のら」は、永沢寺の先に有るのです。



のら
079-506-4951
兵庫県三田市永沢寺16
http://tabelog.com/hyogo/A2807/A280702/28042392/


道から外れた所にあると予想していたら、
違って道路際に有りました。

d0000607_00333054.jpg


懐かしい顔が、有りました。

奈良時代よりは、スッキリした格好になった事を除いて変わっていなかった。

事前に電話した時、手伝いの人は「今日は、売り切れないので大丈夫。」との返事だったので、安心して行ったら、パン販売皿にパンが無い。途中の高速のPAに有った美味しいものも我慢して来たのに。

悲痛な声を上げると、大将から取置きして有りますと言う声がして、お盆に載った七つのパンを手渡しされた。お好きなものを選んで下さい。当然として、全部頂いて帰りました。

ひっきりなしに掛かる電話。有る品物の確認電話。パン窯も大きくなって、我々が食べている間にも、次から次へと新しいパンが焼き上がりました。
お客様も次から次へと入って来られる。大宇陀時代を知っているものとしては、三田に移って良かった。奈良に取っては、大きな損失。

「のら」さんの場所は、三田市永沢寺ですが、生活圏は篠山市です。新聞の配達を頼んだら、篠山市の販売所に依頼する様に言われたそうです。

今は4歳の長男の世話に忙しい奥様の硝子作家の復帰を期待したいと思います。息子は、逞しく育っていました。裸足で駆け回っていました。芝生の上では有りません。ゴツゴツした地面の上を走っていた。

冬は、奈良大宇陀よりも寒い山奥ですが、これからの活躍を期待して、帰途につきました。帰りは、高速でなく、猪名川町経由箕面市一時間で、先日生まれたばかりの、姪の赤ちゃんの顔を見に立ち寄りました。
by soba884 | 2015-06-15 19:14 | 親爺話 | Comments(0)

姪に第二子誕生

兄の長女に第二子が産まれました。6年振りの出産。
又、男子です。姪は、女の子を強く希望していましたが、叶わなかった。
どうして偏るのでしょね。
私の孫、女の子二人。兄の長男、女の子二人。兄の長女、男の子二人。
d0000607_06180873.jpg


産院の立派な事とサービスに時代を強く感じました。
by soba884 | 2015-06-15 07:30 | 親爺話 | Comments(0)


【口語訳】ルーズベルトに与うる書

 日本海軍市丸海軍少将が、フランクリン・ルーズベルト君に、この手紙を送ります。 私はいま、この硫黄島での戦いを終わらせるにあたり、一言あなたに告げたいのです。
日本がペリー提督の下田入港を機として、世界と広く国交を結ぶようになって約百年、この間、日本国の歩みとは難儀を極め、自らが望んでいるわけでもないのに、日清日露、第一次世界大戦、満州事変、支那事変を経て、不幸なことに貴国と交戦するに至りました。

 これについてあなたがたは、日本人は好戦的であるとか、これは黄色人種の禍いである、あるいは日本の軍閥の専断等としています。けれどそれは、思いもかけない的外れなものといわざるをえません。 あなたは、真珠湾の不意打ちを対日戦争開戦の唯一つの宣伝材料としていますが、日本が自滅から逃れるため、このような戦争を始めるところまで追い詰めらた事情は、あなた自身が最もよく知っているところです。

 おそれ多くも日本の天皇は、皇祖皇宗建国の大詔に明らかなように、養正(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三綱とする八紘一宇という言葉で表現される国家統治計画に基づき、地球上のあらゆる人々はその自らの分に従ってそれぞれの郷土でむつまじく暮らし、恒久的な世界平和の確立を唯一の念願とされているに他なりません。
このことはかつて、
  四方の海  皆はらからと 思ふ世に  など波風の 立ちさわぐらむ

  という明治天皇の御製(日露戦争中御製)が、あなたの叔父であるセオドア・ルーズベルト閣下の感嘆を招いたことで、あなたもまた良く知っていることです。

 わたしたち日本人にはいろいろな階級の人がいます。けれどわたしたち日本人は、さまざまな職業につきながら、この天業を助けるために生きています。
わたしたち軍人もまた、干戈(かんか)をもって、この天業を広く推し進める助けをさせて頂いています。

 わたしたちはいま、豊富な物量をたのみとした貴下の空軍の爆撃や、艦砲射撃のもと、外形的には圧倒されていますが、精神的には充実し、心地はますます明朗で歓喜に溢れています。

なぜならそれは、天業を助ける信念に燃える日本国民の共通の心理だからです。
けれどその心理は、あなたやチャーチル殿には理解できないかもしれません。
わたしたちは、そんなあなた方の心の弱さを悲しく思い、一言したいのです。

 あなた方のすることは、白人、とくにアングロサクソンによって世界の利益を独り占めにしようとし、有色人種をもって、その野望の前に奴隷としようとするものに他なりません。

 そのためにあなたがたは、奸策もって有色人種を騙し、いわゆる「悪意ある善政」によって彼らから考える力を奪い、無力にしようとしてきました。 近世になって、日本があなた方の野望に抵抗して、有色人種、ことに東洋民族をして、あなた方の束縛から解放しようとすると、あなた方は日本の真意を少しも理解しようとはせず、ひたすら日本を有害な存在であるとして、かつては友邦であったはずの日本人を野蛮人として、公然と日本人種の絶滅を口にするようになりました。 それは、あなたがたの神の意向に叶うものなのですか?

 大東亜戦争によって、いわゆる大東亜共栄圏が成立すれば、それぞれの民族が善政を謳歌します。あなた方がこれを破壊さえしなければ、全世界が、恒久的平和を招くことができる。
それは決して遠い未来のことではないのです。

  あなた方白人はすでに充分な繁栄を遂げているではありませんか。数百年来あなた方の搾取から逃れようとしてきた哀れな人類の希望の芽を、どうしてあなたがたは若葉のうちに摘み取ってしまおうとするのでしょうか。ただ東洋のものを東洋に返すということに過ぎないではありませんか。あなたはどうして、そうも貪欲で狭量なのでしょうか。 

 大東亜共栄圏の存在は、いささかもあなた方の存在を否定しません。 むしろ、世界平和の一翼として、世界人類の安寧幸福を保障するものなのです。日本天皇の神意は、その外にはない。たったそれだけのことを、あなたに理解する雅量を示してもらいたいと、わたしたちは希望しているにすぎないのです。

 ひるがえって欧州の情勢をみても、相互の無理解による人類の闘争が、どれだけ悲惨なものか、痛嘆せざるを得ません。 

 今ここでヒトラー総統の行動についての是非を云々することは慎みますが、彼が第二次世界大戦を引き起こした原因は、一次大戦終結に際して、その開戦の責任一切を敗戦国であるドイツ一国に被せ、極端な圧迫をするあなた方の戦後処置に対する反動であることは看過すことのできない事実です。

  あなたがたが善戦してヒトラーを倒したとしても、その後、どうやってスターリンを首領とするソビエトと協調するおつもりなのですか?
  およそ世界が強者の独占するものであるならば、その闘争は永遠に繰り返され、いつまでたっても世界の人類に安寧幸福の日は来ることはありません。

  あなた方は今、世界制覇の野望を一応は実現しようとしています。あなた方はきっと、得意になっていることでしょう。

  けれど、あなたの先輩であるウィルソン大統領は、そういった得意の絶頂の時に失脚したのです。 願わくば、私の言外の意を汲んでいただき、その轍を踏むことがないようにしていただきたいと願います。 

市丸海軍少将
==========


by soba884 | 2015-06-04 15:12 | 親爺話 | Comments(0)
私は、今年の1月で65歳になりました。連れ合いの女将も夏には65歳になります。
今年になって疲れが残るように感じる。

そこで、定休日ですが、今までは昼の部のみ営業していた祝祭日も休みにする事としました。
少しでも長く営業を続ける為の措置とお考え下さい。
by soba884 | 2015-06-03 23:36 | Comments(0)
d0000607_20170264.jpg
女将の故郷で作っる大型のフルーツトマトを使った「トマト田舎そば」は、トマトの出荷が六月末で終わりますので、提供は七月初めで終わります。

大和郡山市で作る「涼味トマトそば」も、トマトの味が変わりますので、同じ時期に終わります。

by soba884 | 2015-06-01 19:58 | Comments(0)