蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お盆営業日

お盆営業日のお知らせ

旧盆の期間中は、休みなく営業しますが、定休日の13日月曜と14日火曜は、昼の部のみ営業します。
by soba884 | 2012-07-30 10:43 | 蕎麦の話 | Comments(0)

風紀違反?

食材の話をするのに、風紀違反?





d0000607_13574432.jpg




辛味大根が終ります。


辛味大根の終り間際になると、面白い大根がいっぱい入って来ます。


形は色々ですが、辛味は一級品です。

間もなく、辛味大根を終りにします。

11月頃までお別れです。

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884
by soba884 | 2012-07-26 13:46 | 食材 | Comments(0)

蕎麦の種差し上げます

d0000607_1144969.jpg


昨年の晩秋に新蕎麦が出て来た時点で、残った玄蕎麦を、毎年夏休みになりましたら、お客様に差し上げています。

毎年楽しみにして頂いているお客様もお出でになります。

先週から、店内に出していますので、ご希望の方は、ご自由にお持ち帰り下さい!

今、蒔いて頂きますと、夏休みの終りには蕎麦が収穫出来ます。小学生の宿題に如何でしょうか?

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884
by soba884 | 2012-07-25 11:47 | Comments(0)

孫四歳の誕生日

孫四歳の、誕生祝いを家族全員揃って行いました。
娘も残業を抜け出して、途中から合流して楽しい誕生会となりました。

連日連夜の残業でお疲れの我が息子は、食べ終わって話をしていたら、眠っていました。これから厳しい六ヶ月、大丈夫なのか少し心配です。
d0000607_22485445.jpg



d0000607_22485527.jpg




楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884
by soba884 | 2012-07-24 22:41 | 親爺話 | Comments(0)

墓参り

d0000607_17465391.jpg

今日は、忙しくなるお盆前に、墓参りを済ませる為に、京都に来ました。

d0000607_17465397.jpg



d0000607_17465417.jpg

by soba884 | 2012-07-24 17:43 | 親爺話 | Comments(0)

野球観戦

d0000607_1864864.jpg


定休日の火曜日、女将は娘に連れられて甲子園球場に始めて行って来ました。

d0000607_1865097.jpg


伝統?阪神巨人戦に。

阪神の金本選手の表彰式が有って、入場者に記念品が配られた。

野球の試合は大変楽しかったようです。

親爺は、留守を守って一生懸命仕込に精を出しました。
by soba884 | 2012-07-19 17:59 | 親爺話 | Comments(0)

買出しの朝食

d0000607_751091.jpg

朝からカロリーオーバーです。
八時前に食べています。

三連休明けの買出しに出掛けています。
by soba884 | 2012-07-17 07:49 | 親爺話 | Comments(0)
定休日の月曜日は、祝日ですので、昼の部のみ営業します。

盆休みの月曜日火曜日は、昼の部のみ営業します。
by soba884 | 2012-07-15 00:23 | 蕎麦の話 | Comments(0)
d0000607_1821287.jpg

トマトそばも終り、暑くなりました。今年も茗荷そば始めました。
d0000607_18213243.jpg


良く冷やした冷たい汁を張ったそばの上に、千六本に切った茗荷をタップリ載せました。

はやしの夏の定番です。

楽蕎麦遊時処 手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8-6-6
0745-54-6884
by soba884 | 2012-07-14 18:15 | お品書き | Comments(0)

鱧そば始めました!

d0000607_1947947.jpg


関西の夏と言えば、鱧!


祇園祭も始まりましたので、「はやし」も鱧そばを始めました。

はやしの鱧は、粗挽きのそば粉を包丁の切り目にひとつ一つにまぶして、米油でソテーした物を使っています。温かいものと冷たいものが有ります。

関西、それも京都に産まれた親爺にとっては、夏になれば鱧は当たり前の魚でした。

結婚して埼玉県狭山市に住んでいた頃は、鱧何てものは手に入らない。池袋の百貨店に行けば買えましたが、飛んでも無い値段で手に入らない。しかし、鱧の皮は、高いもので無かったので、鱧の皮丼などして楽しんでいました。

鱧は、女将が骨切りをしてます。
by soba884 | 2012-07-11 12:04 | お品書き | Comments(0)