蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「おいしいから、何度でも」発売

ありがとう  発売日に寄せて

d0000607_0594450.gif


近くの書店に頼んでいたPINOT先生のおいしいから、何度でもが、本日手元に届きました。

インターネットで注文したら発売日に届いたのにと少し後悔もしましたが、近くの書店の店員さん達、実は手打そば「はやし」の大事なお客様であることが、判明しました。そんな関係で、本の注文は出来る限り書店を通して注文しています。細川の殿様の本もここで購入しました。

届いた本を娘に見せたら、「横浜の料理教室で入学待ちの人が大勢いる超有名人よ!本を出したんや!」
と驚いていました。親爺の顔を見て「どうしてこの本を買ったの?」と言う表情をしていましたので、いきさつを話しました。P105の「炊き込みご飯」のところで使われているお椀、我が家のものと同じものであることを見つけて、喜んでいました。早速、本に掲載されているメニューについていくつか注文が有りました。

アクセスが100万件を超える先生のブログとは比べ物にならない蕎麦屋親爺のブログですが、縁は異なものと言うか、ブログでお付き合いさせて頂いています。
先生のブログで繋がるお友達がこれまた、実に楽しい方ばかりで、PINOT先生のリンク先に行くとブログ地獄にはまる恐れが有りますが、お勧めです。
私は、地獄にはまらないために書き込みはしないで、アクセスだけさせて頂いています。

次回の出版も予告されていますので、これもまた楽しみです。

手打そば はやし
店主 林 光男
by soba884 | 2009-06-30 01:03 | 親爺話 | Comments(0)