蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

爺様と婆様のアイドル登場

d0000607_2144232.jpg

夜、終わり間際に息子夫婦が孫を見せに来てくれました。
孫に、じいじ、ばあばと呼ばれるようになり、嬉しかった。
お陰様で疲れが吹っ飛びました。


それにしても、昨日土曜日は、誠にヘンテコな日になりました。

昼間は珍しく休憩時間まで、客足が途切れることなく続きました。二回転を超えることになりました。

お陰様で、片付けが終わったが4時で、昼食をかき込み、夜の分の蕎麦を沢山打ちました。

5時半ピッタリに一台の車が入った。男性が一人降りて来て、扉を開けたのですが、何故か帰って行きました。

二台目、三台目、四台目も駐車場に車は入るんですが、何故か直ぐに出ていきます。

五台目にして初めて入店。六台目。
七台目は息子夫婦と孫でした。

訳がわかりません!
日曜日は埋め合わせるように、多数お見えになりました。

誰か、遊んでいませんか?


自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884
〒6350831
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
今年は、お陰様で八周年!
Commented by ねぎ麻呂 at 2009-02-23 21:52 x
ぼやいてはいても、孫が来る日はお客が来ないで!と思うのじゃ有りませんか?
Commented by soba884 at 2009-02-26 00:17
孫が生まれた日は不思議なほど流行ったし、普段は日曜日に来てくれるのですが、何時もほとんど話をする時間が有りません。
孫は、私にとっては福の神です。
この商売を始めて時から、時間が無いのは覚悟しているので、孫と接する時間が少ないことは、何も悲観していません。
貧乏蕎麦屋なので、孫の為に買ってやれるものが限られているのが辛いですね。
by soba884 | 2009-02-22 21:04 | 親爺話 | Comments(2)