蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

幅出し用麺棒

d0000607_19207.jpg

d0000607_192020.jpg

四つ出しの後、肉分け、荒延ばし、麺体の幅出しの時、通常使う麺棒は長い為に、麺体を広げたまま上辺の幅出しを行うと、麺棒が打ち台の壁に当たってしまいます。

壁に麺棒が当たり、端まで麺棒が届かない。

蕎麦屋を始める前に、夜行バスに乗って、東京に蕎麦打ち道具を買い出しに行きました。勿論、帰り道も夜行バスです。

この時、前から幅出し用に短い麺棒を人に薦められていたので、探して買って来ました。

使い古した麺棒を切れば、良いのですが、使い古した麺棒が無く、新しく麺棒を切る勇気が有りませんでした。

蕎麦屋を始めた頃は、今考えるととんでもない贅沢をしていました。麺棒、四方柾の手鉋削り、八年前でも一万円以上していました。

購入した麺棒は、手鉋の麺棒からすると使い勝手が悪いし、肉分けが上手に出来ていない当時の私には、かえって、状況を悪くする道具となり、それ以来、棚の飾り物になっていました。

築地蕎麦アカデミーの井上代表が、幅出し専用の麺棒を開発して売り出したとの記事をallaboutのそばコーナーで読みました。

早速短い麺棒を引っ張り出して使ってみると、なんと、効率良く角出し、幅出しが出来るではないか!

短い麺棒も、八年の歳月が刻んだ時の流れのなかで、両端が枯れて細くなり、中央が膨れた状態になっていて、自然に使い勝手の良い幅出し麺棒になっていた。


自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884

〒6350831
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
今年は、お陰様で八周年!
by soba884 | 2009-01-16 19:02 | 蕎麦の話 | Comments(0)