蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

正倉院展

d0000607_22334255.jpg

旧物産館
d0000607_22334228.jpg

百夜月外観


定休日の仕入れを一部後回しにして、正倉院展に二年振りに行って来ました。

入場待ち一時間と表示されていたので、先に食事を済ませるべく、駅前に戻り、いつもの蕎麦屋に入った。

正倉院展開催中の為か、店内満員で空席待ちの先客が有りました。
こうゆう特需がある地域は、羨ましい。私の地域は、何か行事があるとお客様が減る。


しかし、丁度お客さんの入れ替え時で、余り待つこと無く着席出来ました。
その後も続々お客さんが続くました。

二年振り位に寄ったので、蕎麦の打ち方が変わっていました。

正倉院展は、期待を裏切らない内容で毎回思うのですが、なんと言う技術水準の高さ、そして芸術センスの高さには平伏するのみです。

その中で、ヤシの実で作った人物像は、写真より楽しかった。

疲れた!!


自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884
〒6350831
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号

http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
来春は、お陰様で八周年!
Commented by 酔蕎親爺 at 2008-11-07 00:58 x
東京で開催される評判の美術展や催物はどこも「昔のお嬢さん」で盛況。男は劣勢・・・。でも、会場のベンチで居眠りをしているのも「昔の・・・・」なんか変・・・・・??
関西方面も蕎麦屋が随分多く出来ている様で、楽しみですね!!
by soba884 | 2008-11-06 22:33 | 親爺話 | Comments(1)