蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

一回転もしなかった!(-_-)ZZzz....

d0000607_7344045.jpg

せいろそば
d0000607_7344088.jpg

田舎そば
d0000607_7344043.jpg

生粉そば
d0000607_7344044.jpg



十月二十四日金曜日・忘れられない日になりました。

早朝5時起きで、雨の中、卸売り市場に仕入れ行きました。

雨も、店を開ける頃には小雨になり、開店前には入店待ちのお客様もお見えになりました。

が、しかし、…?

昼の分十二人、夜の分二人
開店時の暇な蕎麦屋の時も無かった。


ラジオは株安、円高を伝えています。

親父の見通しの悪さで、ゴミ箱行きとなった蕎麦の皆さん、ゴメンナサイ!

写真の最後は、ひたすら箸袋を書いている女将です。箸袋は、開店以来女将の手書きです。

自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884
〒6350831
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号

http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
来春は、お陰様で八周年!
Commented by 酔蕎親爺 at 2008-10-27 00:25 x
14人も来て頂いて、好いでは有りませんか・・・。
拙店はいまだ、条件の悪い日(雨降り、給料前)の夜などは
0を記録します。そんな時は家人と顔を見合わせ苦笑い・・・。
大波小波のジェットコースター営業です・・・・。
これが読めて仕込みが出来れば・・・・?
このご時世では如何にベテラン?とは言え無理です。
Commented by soba884 at 2008-10-27 07:15
嘘でしょう!!酔蕎親爺さんのところでもそんな日が有るのですか?
ところで、この一週間で情勢が変わったと感じています。お客様の層も変わりましたし、注文内容も変わりました。
難しい時代になったのですね。
日曜日夜の部で、初めて一桁、5名様の来店。2.1kg打ったそばが泣いていました。親爺と女将はもっと泣いていました。ため息が出た昨晩でした。

by soba884 | 2008-10-25 07:34 | 親爺話 | Comments(2)