蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

4つ出し

d0000607_17582242.jpg

d0000607_17582245.jpg

蕎麦打ちを習い始めて突き当たる目に見える関門が、4つ出しです。

習い始め、4つ出し終了後、生地を開くと、長い菱形なら良い方で、並行四辺形の長辺がくびれた形や表現に困る変形四辺形になっている。
どう、肉分けしたら良いのか、困惑して、止まってしまう。

私もずいぶんと、悩み続けました。

今もって言えることは、部分的に力を入れない。
延ばしに必要な幅まで、4つ出しをする。
一番始末に困るのは、小さく4つ出しをして、生地が不均衡になっている場合です。

楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
お陰様で、漸く、今年は七周年!
Commented by ねぎ麻呂 at 2008-02-13 22:47 x
私も初心者。四つ出しで上手く行くことが無い時の「魔法の手」。麺棒でできない時は自分の手で形作る!蕎麦の繊細さもわかり、手で形作ると麺棒でどのような動きをしたら良いかも判ります。私は「手のべ」そばと名付けております。
先生の前での緊張した雰囲気をしょうも無いギャグで笑いとばして、場の雰囲気を和ましてやってください。
Commented by soba884 at 2008-02-14 06:57
手延べ、全然気がつきませんでした。
生地の厚さもわかるし。
しかし、面棒だけで写真のような四つ出しできると、打つ時間が短縮できます。回数を重ねて欲しい。
話は変わりますが、白ネギ、品質は悪いし値段は高くなるし。散々です。青ネギは今がシーズンなので、良いものが入っているのでうれしいです。
by soba884 | 2008-02-13 17:58 | 蕎麦の話 | Comments(2)