蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手挽き粉

d0000607_0152889.jpg


開業以来、田舎そばはひじを痛めて、ドクターストップがかかった時を除き、手挽きで粗挽き粉を作って来ました。

中層粉を荒く挽くために、開業以来、いろんな挽き方を挑戦してきました。

甘皮を荒くは挽けますが、中層粉を荒く挽くことはなかなか難しかった。

現在は、西ドイツ製のオクダゴンという、電動製粉機を使って、玄蕎麦の割れを作り、石臼に漏斗を使って粉を一気に流し込み、粗挽きのそば粉を作っています。
漏斗の径を変えることにより、いろんな性格の蕎麦が挽けるようになりました。


楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
0745-54-6884
奈良県北葛城郡広陵町馬見北八丁目6番6号
お陰様で、漸く、来年は七周年!
by soba884 | 2007-11-15 00:15 | 蕎麦の話 | Comments(0)