蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人生で一番輝いていたとき

ラジオを聞いていたらある番組で「人生一番輝いていたとき」を募集していました。

聞いていると、昔話が多くて、私としては少々不満でした。

何故かって?

今の自分が一番輝いていると、どうして言えないんでしょうか?

今の自分は、そんなにつまらない存在なんでしょうか?

私は、今の自分が一番と言い切るために、会社を辞めました。
自分で判断して自分で決めて歩るける道を、選びました。

現在休むということは、お金が入ってこないと同意義で、他人から見ると、仕事に振り回されているような人間に見えると思いますが、この仕事が楽しい。

他の事をするより、蕎麦屋の仕事をしている時が、今の私にとって一番楽しい。特に、蕎麦を食べたお客さんが、嬉しそうに「美味しかった!」と言っていただけるときが最高です。
Commented by 五兵衛 at 2006-08-30 01:12 x
「今の自分が一番」って、サイコーですね。
常に前進あるのみ!
林さんのパワフルさを見習いたいと思います。
Commented by soba884 at 2006-08-30 06:55
いえいえ、今の五兵衛さんこそ、最高ですョ!
しかし、気力は高くなっても、体力はドンドン低下しているので、お互いに気をつけましょう。
私のマウンテンバイクは、全身錆びだらけです。
by soba884 | 2006-08-29 00:19 | 親爺話 | Comments(2)