蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

枇杷が色づく

d0000607_08091.jpg

長男が小学生の時、庭に、埋めた枇杷の種が、すっかり、大木に為りました。
昨年から切るタイミングを窺っています。
大木になって狭い庭を暗し、湿気が高くなるので、持ち主の長男に倒木の了解を取りました。
彼にとって、産まれた千葉県鎌ケ谷市、幼稚園時代の神戸市東灘区には、身近かに有った果物で、親に隠れて食べた食べ物でした。(親は見ていて知っていました。大きな兄ちゃんが取ってくれた。)

切るのは不憫で致し方ないが、世話も出来ないので、致し方ない。

手打そば はやし
0745546884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884

by soba884 | 2006-06-14 00:07 | 親爺話 | Comments(0)