蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

京都じん六さん訪問

d0000607_2319353.jpg

火曜日十六日に、京都府立植物園の北側に有る蕎麦屋「じん六」さんを訪ねました。
少し行くタイミングが遅く、私達の前で蕎麦が終わってしまいました。
その代わり、じん六さんの蕎麦にたいする熱い思いをほんの一部聞く事が出来て、満腹満足して帰りました。
じん六風蕎麦掻きを、厨房で作っているところから、盛り付けまで全てを見せて頂きました。私が持っている蕎麦掻きの概念とは一線を引いたもので、正直言って驚きと満足を味わいました。野武士と公家ですね。
次回、行った時は蕎麦を十分堪能して、五年前に嫁さん、息子と初めてお邪魔したときからの「じん六」さんからの、歴史を勉強させて頂きます。(最初の訪問は、有る蕎麦屋さんを訪ねた時の、口直しをしたくて訪れました。口直しに成りましたよ。)

じん六の概略
場所 京都市北区上賀茂桜井町67
目標 北山通・植物園北門・地下鉄北山駅出口4番・表千家北山会館西側
定休日 毎週月曜日と第4火曜日
電話番号 075-711-6494
じん六の原点
『そばの実そのものの風味が、じん六の出発点でした。』

植物園で取った写真の中から、じん六さんを表現すると、この写真に成りました。
きっと本人は照れるだろうな!

手打そば はやし
0745-54-6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884


by soba884 | 2006-05-19 23:19 | 蕎麦の話 | Comments(0)