蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

1300km関東遠征(2)あかぎ深山ファーム

ナビを検索すると、時間に変わりはなかった。富岡から一般国道を行っても良かったのですが、お約束の時間に遅れるといけないので、遠回りの高速道路を使って赤城に向かいました。
高速道路からの途中の景色は最高でした。関西では見られない景色。
赤城の山も私の想像とは違っていました。

ナビとスマホの場所が違っていたので、不安一杯の赤城行きになりました。途中の道路端に咲いていた白いアジサイが綺麗でした。

赤城山は、木の茂っている山でなく、開けた見通しの良い山麓でした。

ナビではもう少し先でしたが、偶然目を向けた先に、深山ファームの建物を見つけ、狭い道を入って行きました。

着いた場所には、農家の建物でなく、大きな倉庫の様な建物が幾つも立っていました。
道が分からなくなったら電話すると言っていたのに、突然現れた親爺にビックリされていました。

社長とご子息は、用事が有ってお出かけでしたが、留守番の女性社員がしっかりした方で、私の目的を理解頂き、取引を了解頂きました。

深山ファームの設備は、冷蔵庫、選別場、製粉設備、素晴らしいものでした。しかし、それ以上に働いている方が輝いていました。夏新から始まる取引が楽しみです。

深山ファームを後にして、赤城神社にも立ち寄らず、宿泊地の高崎に向かいました。本当は、温泉地に足も伸ばしたかったのですが、今回は諦めました。

高崎市郊外のビジネスホテルは、清潔で景色も良く設備も過不足なく有りました。朝の朝食バイキングも必要十分なものでした。

ホテル シーラックパル高崎
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/70264/70264.html

続く






by soba884 | 2016-08-02 12:50 | 蕎麦の話 | Comments(0)