蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

セイロの器、柿渋塗

d0000607_1810821.jpg


当店は、開業以来セイロそばの器は、木地製の蒸しセイロを使っています。
この器だけは、師匠の使っていた物と同じ物を使っています。師匠は、生地のまま使っていましたが、私は、柿渋を塗って使っています。柿渋は、生地に染み込む塗装で無く、表面に附着する塗装ですので、使い込んでいると効果が薄くなるので、時々、柿渋を塗り直しています。

柿渋は、太陽の光に反応して硬化します。乾燥が悪いと臭いが強く出てくるので、日の光が強い時期にやります。

はやしの床と壁は、柿渋で仕上げています。
by soba884 | 2014-06-03 17:44 | 蕎麦の話 | Comments(0)