蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

信楽の丸十製陶の丼

はやしで使っている丼は、信楽の丸十製陶さんの丼です。

蕎麦屋を始める13年前に信楽に行った時に、夕方立ち寄ったお店が丸十製陶さんの展示場でした。

その時、買い求めたのが、真ん中の丼です。

大変大きく見えるのですが、大きく見せるためにの工夫がされています。

口作りを厚くすることで、全体を厚く見せていますが、胴は薄く作って有ります。土も特殊な軽い土を使っています。


見た目以上に軽い丼です。

d0000607_8332758.jpg



d0000607_8332991.jpg



d0000607_833302.jpg



d0000607_833314.jpg



d0000607_833331.jpg


蕎麦屋を始めますと言ったら、社長から質問がありました。
「年賀はがきを何枚出しているか?」
500枚以上出していると答えると、
「それなら大丈夫だ。飲食店をサービス業だと理解していない奴が多い。付き合いの少ない人間が、飲食店を始めても上手くいかない。」

多勢のお客様に助けられて、13年目を歩み続けています。

小さな丼を30個新たに注文しました。
by soba884 | 2013-11-22 08:07 | 蕎麦の話 | Comments(0)