蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

平林さんを悼む

Eyes of M

蕎麦MLで知り合った長野県松本市の「平林眼鏡店」の店主平林さんと次男さんが、自宅の火事で亡くなりました。
蕎麦屋に成ろうとしていた時に、同じ時期にMLに参加された平林さんの温かい声援を受けて蕎麦屋を続けてきました。
蕎麦に対する知識の少ない私に対して、誠に親切にアドバイスを色々下さいました。又いろんな人を紹介していただき、蕎麦屋新米の私に貴重な人脈を築かせてくれました。

一つの目標に対してがむしゃらに突き進む彼の情熱のおすそ分けを頂きながら此処まで頑張ってきました。

そんな彼が、新たな蕎麦道を歩み始める朝に亡くなるとは、人生の無常を感じます。

彼と彼の息子さんのご冥福と、いまだ入院中の奥様のご回復をお祈りいたします。
Commented by まこぽん at 2005-10-13 09:02 x
平林さんの地元の者です。
今回の出来事は残念でなりません。
平林さんは、眼鏡のことだけでなく様々な分野に通じている
方でしたし、その探究心の深さには感心するばかりでした。
これからもいろいろなことをやりたかったと思います。
by soba884 | 2005-10-11 22:25 | 親爺話 | Comments(1)