蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お客様感謝祭の見直し

開業日が、2001年3月3日
三周年の年から、毎月3日をお客様感謝祭として、蕎麦搔き善哉をサービスして来ました。



蕎麦搔き善哉をサービスするために、お手伝いの人も増やします。
善哉をサービスするので、そば以外の注文が減る。客単価が下がる。店にとっては、良いことは無いのですが、日頃のご贔屓に対するお礼と思って続けて来ました。
ところが、今年になってから、お客様感謝祭を改めて告知すると、来店客が減ると言う事象が頻発する様になりました。
お客様が、混雑を嫌がって来店されなくなりました。

今、新しいお客様感謝祭を、考えています。
決まり次第、お知らせします。
Commented by かおりん at 2012-10-10 19:59 x
私は甘いものが嫌いなので、蕎麦がきぜんざいはあまり嬉しくありません。それもあって、混雑が予想される感謝デーは敢えて避けている一人です。でも、他の方法と言われるとなかなか難しいですよね。いきなりやめちゃうと、楽しみにしている方は残念でしょうし。
by soba884 | 2012-10-09 22:30 | 蕎麦の話 | Comments(1)