蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

高田のイタリアン

蕎麦屋と言う仕事を始めて12年、社会人の娘とは休みが違う為、行動を一緒にする事は滅多に有りません。特に、広報広告の部署に移ってからは、すれ違いの生活を送っています。
滅多に無いチャンス、それが敬老の日の夕刻。娘が家に居る。我々も家に戻る。


忙しい営業中に、飯を食べに行か無いとメール。

行く!

営業時間が終って、予約を入れる。


空いてますよ。え!

時間は希望が通った。

敬老の日、忙しいのと違う。どうしたのか?



七時に店に到着したら、駐車場はガラガラ?
店に入ると先客がふた組。

お陰様でゆっくり美味しいものを、腹一杯に食べさせて貰った。

d0000607_0325378.jpg



d0000607_0325428.jpg




d0000607_0325547.jpg



お店も混雑を予想して、ホール係りを増員されていたのに。我々の商売の難しさを感じ、自分達の幸運に、改めて感謝しました。


http://www.osteria.jp/index.html

お勧めします。前菜、パスタ、メイン、ドルチェがブリックで、選べるので、三人以上で行くと、色んなものが食べられて楽しい。駐車場が少し狭いので、余り大きな車より小さ目の車がお勧めです。
by soba884 | 2012-09-18 00:07 | 親爺話 | Comments(0)