蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

背水の陣

六月十日日曜日
日曜日は、学生さんのバイトのお手伝いで営業しています。
学生さんは、三名いるのですが、一名は就職説明会で駄目、一名は保育実習で駄目、後一名は大丈夫の筈が、奨学金の申請で東京本部で面接が急遽入り駄目に成りました。
バートさんも三人いるのですが、一人の方は、お出掛けで、三ヶ月前から都合が悪いと聞いていた。もう一人の方は、急なことで、子供との約束が有るとの事で、駄目に!
残りのパートさん農家で田植えが有るのに、はやしの緊急事態と言う事で、出て貰える事になった。

毎日残業で終電車帰りの娘に聞いたら、今週は出張も無いから手伝うとの返事を貰って、本日は、背水の陣で望みました。

フロアーサービスをパートさんと女将が、厨房は私が、片付け及び洗いを娘。

オペレーションが上手く行かなく成った時点で、店を閉めると腹をくくって、営業を開始しました。

梅雨入り二日目で、梅雨の中休みとなり好天で、お客様の出足が鈍くて順調に進みました。しかし、営業的には売上は期待出来ないと判断していたら、外出されてたパートさんが、お客様返したので、応援に入ってくれました。

お客様、陣容が整うのを待っていたかの様に次々来店が続きました。夜の部も手持の蕎麦が全て無くなり、六月十日日曜日はめでたしめでたしと成りました。しかし、くたびれました。奮戦した娘も疲れが出たと見えて、終ってもハイテンションでした。
皆さんに助けられた一日が終わりました。

明日は、定休日で箕面市彩都で蕎麦道場の講師に行って来ます。火曜日は、冷蔵庫の中が空っぽになったので、仕入れ仕込みの一日に成ります。

d0000607_163599.jpg

Commented by 酔蕎親爺 at 2012-06-14 18:20 x
スタッフの遣り繰りは苦労しますね。
親爺も以前、学生さんを大勢使ったいましたが
一つの学校ばかりだと試験や行事で休みを取るのが一緒・・。

少し時給が高くてもパートさんも雇うようにしていました。

御嬢さんも仕事が有るのに偉い。
タップリご祝儀をはずんであげてください・・・笑

by soba884 | 2012-06-10 18:01 | 親爺話 | Comments(1)