蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

友 遠方より来たるm(_ _)m

私には、高校生の時出会った親友がいます。
変わり者四銃士とか、陰口も聞いた。

四人全員が揃って会ったのは、もう一昔前前である。

会っていなくても各人が何をしているか、何にぶち当たっているかは、知っている。

先日、その中の1人が突然訪ねて来た。

忙しい日で、挨拶は交わしたが、話は出来る事態では無かった。

帰る時に、店の皆には悪かったが、店を飛び出して、車の前で二言三言言葉を交わした。

癌の手術から五年が経過した事、彼が、三軒目のホームビルドに挑戦中。
定年を過ぎた奥様が、現職中。三年も延びている。

二人とも教師で、友人が先に早期退職した。

五年前、実はわざわざ近くに宿を取って、彼が訪ねてくれた。肝炎を患っていて、何十年と酒を絶っていた彼が、酒を所望した。

帰ると言う、彼を引き留めて、片付けを済ませてお茶を飲みに行きました。今、気が付きましたが、手術前に会いにきてくれた。そして、手術から五年が経過した事で、又、会いに来てくれた。

四銃士の中で、大病をしていないのは私だけで、後の三人は、皆、死線を乗り越えてきた。

会えば特別な事を話す訳でもない。

それでも、私には大事な出来事である。

四人が揃う事は無いかもしれないが、何処かで繋がっている。

d0000607_2319125.jpg

by soba884 | 2011-05-24 22:51 | 親爺話 | Comments(0)