蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

秋も終り、初冬です〜新蕎麦です〜

紅葉が終りになるこの季節、本州産の新蕎麦も出揃いました!

北海道、長野県、福島県と順次出て来た新蕎麦も、はやしのメイン、茨城県の常陸秋そばも漸く入荷して、浮き浮きしながら毎日打っています。

蕎麦屋の正月です〜

しかし、蕎麦が美味しくなればなる程、蕎麦屋親爺には辛い季節の始まりとなります。

来店客が、寒くなる程落ちて来るのです。
いた仕方ない事とは理解していますが、辛い。

それと、もう一つ困った季節の始まりとなりました。

手荒れの季節の始まりです。ひねを打っている時はどうも無いのですが、新蕎麦になるとガサガサの手になります。特に常陸秋そば新蕎麦を打ち始めると、顕著です。

ボヤきながらも、蕎麦屋親爺には嬉しい季節です。出汁も薬味も要りませんね。

蕎麦だけを掻き込みます。

12月になったら仕入れ蕎麦の最終確認の為に、茨城県迄行って来ます。


時間が無いので、余り寄り道は出来ませんが、蕎麦屋巡りもして来ます。
by soba884 | 2010-11-24 19:29 | 蕎麦の話 | Comments(0)