蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

石臼を使って感じること

d0000607_1021914.jpg



蕎麦が上等な時は、余り石臼を意識する事無く使えます。

蕎麦の甘皮が硬く成っていたり、赤茶けている時は、投入量、回転数を神経質なほど出て来る粉を見ながら調整します。

赤茶けた甘皮を挽き込むと、蕎麦の味が悪くなるし、色も悪くなるので、甘皮を挽き込まない挽き方をします。

甘皮を挽きこま無いと、蕎麦が繋がりが悪くなるので、粉の打ち方を変えます。別の蕎麦とのブレンドもします。

この石臼は、甘皮を必要以上に挽き込むので、注意が必要ですf^_^;)


石臼碾 自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8−6−6
0745−54−6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp
http://twitter.jp/sobayaoyazi
by soba884 | 2010-08-23 10:02 | 蕎麦の話 | Comments(0)