蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お客様の話

CHECK&STRIPEが発行するFab別冊2009年8月に掲載された当店とお客様の出会いです。 

CHECK&STRIPEと私の出会いは2年前の春、娘がネットショップで買ったストライプの布を見たときです。その布に私は昔懐かしさと可愛さを感じ、見とれてしまいました。
 若い頃に自分や娘の服を手作りしたことがあったのを思い出し、ミシンを出してまた作ってみたくなりました。そして完成したのが写真のブラウスです。この布にはきっとかわいい型紙が似合うだろうと思い、自分でアレンジして作り上げました。あまり上手に出来ませんでしたが、ある日このブラウスを着ていつものお蕎麦屋さんに行くと、突然店員さんから「素敵なブラウスですね」と声をかけられたのです。その後、その方はお店のオーナーさんにや他の店員さんにもこのブラウスのお話をして下さったようで、次にお店を訪ねた時には別の方から「作り方を教えてほしい」というお言葉まで頂き、とてもうれしくなりました。
 これをきっかけに若い型の型紙をアレンジして自分の年齢に似合う洋服を作りはじめました。新しいミシンやロックミシンも購入してみました。そしてだんだん私が来ているものに知人が「手作りしたの?」と声をかけてくれるようになってきたのです。
 この夏はリバティプリントのブラウスを作り愛用しておりました。つい先日、電車を降りると見知らぬ若い女性が「あんまりかわいいから思わず声をかけてしまいました」と言って下さったのです。60歳になって見知らぬ人にお褒めの声をかけられるなんて思いもよらない幸せに出会えたのは、このストライプのブラウスのお蔭だと思っています。

d0000607_1053694.jpg

by soba884 | 2009-12-28 10:47 | 親爺話 | Comments(0)