蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

神戸住吉川を歩く

35際の時、東京から大阪に転勤になり、
摂津本山の社宅に入居しました。

社宅から歩いて十分ほどの住吉川は、
家族の格好の遊び場、散歩コースになりました。


d0000607_162050.jpg





東京時代は、朝6時半には家を出て、帰宅は10時、11時が当たり前の生活を
していた仕事人間が、突然マイホームパパに成りました。

通勤時間1時間半から2時間掛かっていた人間が、残業無しの定時退社で、通勤
時間30分の生活に激変突然しました。

六時前に帰って来る父親に子供も戸惑い、妻も今迄の生活習慣を一からやり直す
事に成りました。

夕食後、家族連れ立って住吉川を散歩したり、岡本を散策しました。
六甲山にドライブにも良く行きました。

その内、休みの日は裏山に登る散策したり、住吉川を遡って六甲山から有馬温泉
迄歩いて行く様に成りました。

社宅から歩いて三ノ宮迄遊びに行ったりもしました。

この経験が、後で役に立つなんて考えもしませんでした。
阪神大震災の救援活動に大変役に立ちました。

今回鉄人28号を見に行った理由もここに有ります。

私が知っている長田は、倒壊家屋が散乱し、火災の臭いが立ち込めていました。

長田は、綺麗に成っていましたが、よそよそしい街にも成っていました。

鉄人28号は、地域シンボルとして子供達と共に育って欲しいと思います。

住吉川を散歩して歩ける部分は、私が勤めていた会社が事業提案して、住吉川河
川敷をダンプ専用道路にして、神戸港湾工業団地を六甲山を削って作った時の、
時代遺産です。

写真の正面は、住吉川一番の高級マンションで、震災時には臨時のポーターが雇われ、入居者の世話をしていました。虚しい思いで帰ったのを覚えています。

石臼碾 自家製粉の店
楽蕎麦遊時処
手打そば はやし
奈良県北葛城郡広陵町馬見北8−6−6
0745−54−6884
http://www.eonet.ne.jp/~soba884
http://soba884.exblog.jp

 
by soba884 | 2009-12-08 16:02 | 親爺話 | Comments(0)