蕎麦屋親爺65歳のつぶやきと少し寂しい自慢話です


by soba884
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

連結機関車の不調は続いています

根が働き者の嫁さんは、人に指図して動かすことが苦手です。

自らが動いて、人を使うというタイプですが、今回の坐骨神経痛から来る歩行困難の時は、自分で動くということを自重して人を動かすことしないといけないのですが、なかなか出来ません。

せっかく良くなった途端に、動き始めるので、元の木阿弥になっています。

手打そば はやしは、嫁さんがいないと成り立たないので、無茶をして本当に動けなくなったら、廃業するしかないので、昨晩十重に言い聞かせました。

ここ暫くは、お客さまに迷惑をかけること多いと思いますが、パートさん、バイトの子たちが本当によく頑張っていますので、お許し願いたいと思います。

手打そば はやし
店主 林 光男
Commented by 酔蕎親爺 at 2009-09-14 14:45 x
奥方、難儀されていますね。
しばらく安静にして居ないと良くなりませんよ。
「明日は我が身」です。
うちにはバイトさんもパートさんも居ません。
そく、休業になってしまいます・・・・。
お大事に。
Commented by soba-quu at 2009-09-15 07:22 x
奥様、お見舞い申し上げます。
弊店も夫婦二人が基本ですから片方がいないとお手上げですね。
早くよくなられますように。
Commented by そばや五空 at 2009-09-15 23:21 x
 うちはカミさんが不調で店に出てこれなくなって何カ月にもなります。正直二人でやれなければ廃業しなければならないのですがなんとかパートさんに助けてもらってしのいでいます。奥様のお早い体調回復をお祈り申し上げております。
Commented by soba884 at 2009-09-16 00:33
お見舞いありがとうございます。

何とか蕎麦屋を続けたい。これが二人の希望です。

できる限りのことは私が肩代わりしていますが、嫁さんがいなくてはできないこと多く、苦労を掛けています。
お客様のお医者様にも助けていただいて、店を閉めることなく営業を続けていますが、定休日を増やすか営業時間の短縮を真剣に検討しています。
by soba884 | 2009-09-14 00:18 | 親爺話 | Comments(4)